メルマガモンスターズ(メルマガアフィリ) 評価レビュー

メルマガ配信によるファンベース型コミュニティ構築
令和時代の最新型メルマガアフィリ・ビジネスノウハウ「メルマガモンスターズ」

りょう

りょう
メルマガの手法ってやたらと高圧的なものが多いよね。

かおり

かおり
そうそう。「教えてやる」的な「教育」なんて言葉が使われたり。

りょう

りょう
メルマガを受け取る方もそこまで情弱じゃないんだけどね。

かおり

かおり
これまでのやり方だと限界があるよね。

メルマガアフィリエイトの問題点

メルマガアフィリエイトはその名の通り、メールマガジンを配信してアフィリエイトをする手法になります。

メール配信先(リスト)を収集し、段階的なメールにより販売誘導します。

こう書くと単純ですが、奥の深いマーケティング手法で、

  • リストビジネス
  • リストマーケティング
  • ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)

などと言いかえられることもあります。

 

私も様々なメールマーケティングの教材やビジネス書などを読んできて、DRMの手法には共通の特徴があるのは気づいていました。

リスト(情報を受け取る人)=情弱(情報弱者)
情報配信者=情強(情報強者)

つまり、情報配信者はリストに対して、

「お前たちは何も知らないから俺が教えてやる」
「お前たちは黙って俺の言うことを聞けばいい」

というスタンスでマーケティングをするわけです。

 

ちょっと言葉が悪かったですが、言いかえると、

「お釈迦様(情報配信者)の手のひらの孫悟空(リスト)」

という感じでしょうか。

 

私が今一つDRMに本腰を入れる気になれなかった理由もこの高圧的なアプローチが原因です。

正直、みんなで幸せになるべきですし、そもそもリスト側の人もそこまで情弱ではないです。

メルマガモンスターズは、そんな私の葛藤をクリアしてくれる教材でした。

 

商品名 メルマガモンスターズ
情報提供者 KENBO

メルマガモンスターズの特徴

メルマガモンスターズはメルマガアフィリエイトの教材になりますが、従来のメルマガマーケティングの教材と大きく異なる点が一つあります。

それは、情報配信先(リスト)を情報弱者として扱わないことです。

これは、偉そうにしているのがよろしくないとか、姿勢の問題ではありません。

実際、従来の「情弱層」って相当減っているので、意味がないんです。

※例えば、皆さんの周りでスマートフォンを使っていない人はどれぐらいいますか?
スマートフォンはれっきとした情報端末です。少し前のパソコンレベルの処理能力があります。
スマホ普及前は情報端末に触れていない「情弱層」がかなりいましたが、現在では少数派です。

そんな環境で、昔ながらのマーケティングをしたって、うまくいくわけがないです。

メルマガモンスターズでは、販売者KENBOさんの本業のリアルな経験をもとに、メルマガマーケティングを最新化しているんです。

それがKENBOさんの提唱するファンベース型コミュニティです。

販売者KENBO氏とは

KENBOさんは副業アフィリエイター兼副業販売者です。

私と同じ副業でアフィリエイト業界にかかわっている存在で、親近感がわきます。

彼もセールスレターで書いていますが、副業アフィリエイターが専業に勝っていることって確実に存在します。

それは、本業があることによる経済的な安定以外に、本業の経験が生かせるケースがものすごく多いことにあります。

これ、私も100%同意です。

会社勤めの人は、副業でそれなりに稼げるようになっても簡単にやめるべきではないです。

それは、どんな仕事であっても、副業にフィードバックできるからです。

※もちろん、肉体的、精神的な問題や、家庭環境などでやむを得ない事情があれば別です。

また、KENBOさんが副業でアフィリエイトに取り組んできた経験から、副業が会社にばれない方法なども教えてもらえます。

※まだ稼げていないから大丈夫!と油断していると、稼ぎだしたときに困りますので早めにチェックしましょう。

メルマガモンスターズの内容

肝心のメルマガモンスターズの中身ですが、以下のような章立てになっていて、それぞれPDF資料と動画解説で構成されています。

実際の章立てはこんな感じ。

第1章 Ready To GO

  • Section1 メルマガ神話の崩壊!?
  • Section2 メルマガモンスターズとは何か?
  • Section3 目指すもの得られる未来
  • Section4 メルマガモンスターズのユニークな特徴

第2章 リストビジネスの基本

  • Section1 定義~どんなことするの?
  • Section2 解除の法則
  • Section3 ドメイン・タイトル・アドレスの相関
  • Section4 メルマガ書式
  • Section5 3つの配信パターン
  • Section6 スポット配信かステップメールか
  • Section7 LINE@とメルマガの違い

第3章 リストの集め方

  • Section1 オファーという原則
  • Section2 どこでもドア戦略
  • Section3 顧客の定義
  • Section4 ほぼ無料でリストを集める方法とリスク
  • Section5 有料でリストを集める方法とリスク
  • Section6 リストを性格によって分ける

第4章 ファンベースコミュニティと顧客

  • Section1 ファンベースコミュニティを目指す
  • Section2 教育という過ち
  • Section3 顧客提供価値
  • Section4 接触頻度とLTV
  • Section5 オプトファネル
  • Section6 クレイマーとエラーメール対策

第5章 7日間で300万円を必然的に叩き出す戦略

  • Section1 アフィリエイトローンチ・マインド
  • Section2 バカ売れリサーチメソッド
  • Section3 高額商品を克服する
  • Section4 特典プランニング~企画編
  • Section5 特典プランニング~作成編
  • Section6 特典プランニング~提供編
  • Section7 アフィリエイト用LP
  • Section8 300万マスタースケジュールを作る
  • Section9 300万アフィリエイト超詳細計画
  • Section10 成約する人のサポートとは
  • 期間限定特別特典1:マイメルマガ設計図
  • 期間限定特別特典2:副業を秘密にするサポート
    • 動画は計33本、8時間4分
    • PDFは計34本、284ページ

    正直かなりの分量です。

    メルマガモンスターズに限らず、優秀とされている教材はもれなく分量が多いです。

    もちろん、多ければいいというわけではありません。

    ただ、きっちり稼ぐつもりならそれなりの内容は身につけろ、ということではあります。

     

    メルマガアフィリエイトですから、教材を読んでメルマガを組まないと成果は上がりません。

    ただ、この内容を実践して、成果なしというのは正直考えられません。

    初心者から上級者までカバーしている内容ですし、副業レベルで実践しても結果を出せる内容になっています。

    メルマガモンスターズの類似教材

    メルマガモンスターズをチェックしていて、「方向性が似ているな?」と感じた教材を思い出したので触れておきます。

    情報発信系アフィリエイトの草分け的な教材で、私も一押しの教材です。

     

    メルマガを軸にしながら、ブログやTwitterなどを組み合わせて情報発信するノウハウです。

    私もアフィリエイトに取り組む上でかなり参考にした教材です。

    アンリミテッドアフィリエイトがメルマガをブログやTwitterと合わせてツールとして扱っているのに対して、メルマガモンスターズはメルマガの手法により具体的に踏み込んだ内容になっています。

     

    メルマガに集中ということであればメルマガモンスターズが良いですし、多角的な手法を学びたいならアンリミテッドアフィリエイトが良いです。

    メルマガモンスターズはおすすめか

    メルマガモンスターズがおすすめかと聞かれると、あえて「誰にでもおすすめできるとはいいがたい」という答えになります。

    「ブログとアドセンスでゆるーくお小遣い程度のアフィリエイト報酬を得られれば十分」

    というような、ライト層には正直「刺さらない」ものです。

    「アフィリエイトで本業の収入の足しにしたい」

    さらには、

    「本業以上に稼ぎたい」

    といった方には、本教材のようなメルマガアフィリエイトの教材は「必須」なので、血眼になって実践するべきです。

     

    現時点で一番良いメルマガアフィリエイトの教材なので、きっちりおさえておくことをおすすめします。

    また、このサイト経由の購入者に対しては、私まさはるの無料・無期限メールサポートを特典につけておりますので、安心して挑戦してみてください。

    まさはるねっと メールマガジン

    ブログ・アフィリエイトで成果を出すための無料メールマガジンです。

    登録特典として「ブログで30万円を稼いで感謝される方法」を無料提供しています!

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事