WP(ワードプレス)でLP(ランディングページ)を作る3つの方法

ワードプレスを使ってブログを運営していると、アフィリエイト商品の紹介は基本的に記事内サイドナビフッターナビになります。

アフィリエイト商品のレビューに特化したキラーページも、通常記事で使う体裁の組み合わせで作ることになります。

記事と同じ体裁で特別な内容のページを作る

まあこんなものだと割り切ってしまうのも1つの考え方ではあるのですが、

特別な目的のページをLP(ランディングページ)として作る

という方法も検討してみてはいかがでしょうか。

LP(ランディングページ)の用途と有用性

ランディングとは「着地・着陸」という意味です。

LP(ランディングページ)というのは、

最終目的の行動に誘導するために、他のページや広告などから遷移させるページ

です。

具体的には、商品の購入ページ会員登録の入力ページに用いられます。

 

アフィリエイトサイトでのLPの役割は、

  • セールスページへの誘導を促すページ(キラーページ)
  • メルマガ会員の募集・登録ページ(スクイーズページ)
  • リスティング広告(PPC広告)から誘導するページ(ペラページ)

など多岐にわたります。

本来は、ページデザインや構成に関係なく、上記の役割を満たしていればLPです。

ただ実際には、

申し込みボタン等の導線以外のメニュー類を極力排除したページデザイン

が良いとされています。

一般的には「1カラム(1列)の縦積み型のデザイン」ですね。

利用者が浮気(ページから離脱)をしづらいデザインとも言えます。

ワードプレスでLPを作る方法

アフィリエイターに最も普及しているブログツールのワードプレスは、通常は「ヘッダ」「フッタ」「メニュー」で構成されているレイアウトが多いです。

それでも、商材の紹介はできますし、他の商材ページへの回遊性を考慮するとメニューはあった方がいいです。

ただ、

  • ユーザーを回遊させたくない(逃がしたくない)
  • 確実にセールスページに誘導したい
  • 確実に会員登録させたい

となると、LP以外の選択肢は少ないです。

 

最近では、ワードプレスは純粋なブログツールとしてではなく、コンテンツ管理ツールとして使われることが多いです。

つまり、LPも作ることができないと話にならなくなってきたということです。

ワードプレスでLPを作るには3つほど方法があるので、順番に説明していきます。

1.LP機能を持つワードプレステーマを導入する

ワードプレスに適用するテーマ(テンプレート)を選ぶ際に、

1カラムレイアウトを適用できる機能が付いたテーマを選ぶ

という方法です。

 

以前のワードプレステーマは、カラム数をページごとに選ぶことができませんでした。

最近の有償テーマは特定のページのみ1カラムにする機能が付いていることがあるので、その機能を活用してLPを作成します。

 

私がアフィリエイト用におすすめしている、

DIVER(ダイバー)といったテーマにも1カラム対応機能が付いています。

DIVER

1カラムにはできるのですが、デザイン自体は他のページと共有することになります。

LPならではのデザインを個別に設定はできません。

そのため、「ちょっとLPを作ってみよう!」というニーズに気軽に対応はできる反面、効果の高い本格的なLPを作るには力不足な面があります。

2.LP用のワードプレステーマを導入する

ワードプレスにLP専用のテーマを適用させるという方法です。

LP専用なので、通常のブログのようなメニューを設定することが基本的にできません。

LPのためだけにワードプレスサイトを1つ立ち上げる煩雑さはあります。

 

ただ、非常に効果的なLPをワードプレスの管理画面上で作ることができるため、現在主流になっている方法です。

 

私がおすすめしているのは、

Colorful(カラフル)といったLP専用テーマです。

私もメルマガ登録用を中心に、いくつかのLPをこのColorfulで作っています。

1つ持っておいて損はしないワードプレステーマです。

3.LP用ワードプレスプラグインを導入する

ワードプレスのプラグインの機能を使って、LPを作るという方法です。

この方法は、テーマの変更やLP用にサイトを立ち上げる必要がありません。

そのため、アフィリエイターの負荷が最も低いです。

 

おすすめなのは、

Danganページビルダーという有料プラグインです。

あくまでプラグインなので、テーマに影響を与えることなくLPをサクッと作ることができます。

新しい方法で、これから主流になる予感がします。

LPの作りかたのまとめ

ワードプレスでLPを作成する方法を3つご紹介しました。

「結局どの方法がいいんだ!」

というお声をいただきそうなので、決めるポイントを述べます。

 

  • LPのデザインや機能にさほどこだわりがない
  • とりあえずLPを作ってみたい

DIVERの1カラム体裁でLPを作る

 

  • LPのデザインにこだわりたい
  • LPを複数持つ可能性がある

ColorfulなどのLP専用テーマを使ってLPを作る

 

  • LPのデザインにこだわりたい
  • 今のブログ内(ドメイン内)にLPを設定したい

Danganページビルダーなどのプラグインを導入してLPを作る

 

こんなところでしょうか。

 

LP(ランディングページ)はアフィリエイトの強い味方になります。

メリハリのある展開を狙いたいのであれば、ぜひ活用してみてください。

 

Affiliate Info メールマガジン

管理者「まさはる」が発信するブログ・アフィリエイトで成果を出すための無料メールマガジンです。

Twitterでフォローしよう

教材・ツール・ワードプレステーマ
おすすめの記事