アフィリエイトで「点から線、線から面へ」と考える

点から線、線から面へ」というキーワードをご存じですか?

ウェブの世界だと、広告展開を説明するのによく使われます。
マーケティングだけでなくコミュニケーションについて説明するのに使われます。

  • 1つの手法や一個人という単位(点)での成長・拡大を目指すのではなく、
  • 複数の手法や相手とつながること(線)でより成長・拡大が効率化し、
  • 複数の線によって構成される面が広がることで、相乗効果がより拡大する

かなり意訳ですが、こんなニュアンスですね。

この理屈を、理想的なアフィリエイトの展開方法の説明に使ってみようと思います。

人間の行動には限界がある

限界

初心者でも稼ぎやすいということで、YouTubeアフィリエイトが流行っています。
YouTubeアフィリエイトは、動画で集客してアドセンスで収益を得るというものが多いです。

アドセンスでの収益を伸ばすためには、動画を量産することになります。
「小さな点を大きくする」ということを一生懸命やる
ということです。

そのこと自体を否定するわけではありませんが、行動にどうしても限界はあります。
これは一般的なアドセンス中心のブログにも言えることです。
記事の量産は必要ですが、それには限界があるということです。

誰でも1日は24時間しかないし、体は1つです。
外注すれば手数は増えますが、指示を出していく必要があります。
外注費などのコストも増えていきます。

小さな点を大きくするということは、こうした課題を抱えているということです。

稼げるめどがついたら展開方法を転換するべき

展開

ある程度1つの手法で稼げる目処が見えてきたら、
「点を線にする、線を面にする」
ということを意識するべきです。
つまり他のアフィリエイト手法との連携です。

アフィリエイト手法といえば、

  • ブログ・サイト
  • メールマガジン
  • PPC広告
  • Twitter
  • Facebook
  • Line

など、主な媒体だけでもたくさんあります。
また、単体で稼ぐためのノウハウも存在しています。

ただ、単体では「小さな点を大きな点にする」だけになってしまいます。
そこで、複数の方法を組み合わせます。

YouTube を中心にするなら、

  1. Twitterと連携してアクセスを流す
  2. YouTubeからメルマガに誘導してリスト取得
  3. ブログからYouTubeにリンク誘導したり、その逆にYouTubeからブログにリンク誘導する

など、YouTubeの活用を前提考えても、いろいろな方法が考えられます。

ブログを中心に考えるなら、

  1. ブログ内でメールマガジン会員やLine会員を募集する
  2. Twitter、Facebookからブログ、会員登録ページに誘導する
  3. メールマガジン会員をブログ記事やLPに誘導する

といった具合です。

1つの方法よりも2つ、3つ、4つと増やして連携させることで、

  • キャッシュポイントが増える
  • リスクヘッジを狙える
  • 相乗効果を得られる

といったメリットが得られます。
しかも、仕組みを作ってしまえば、それほど手数が必要なものではありません。

まとめ

複数の手法の組み合わせる場合、それぞれの手法についての理解が前提になります。
ただ、一つの手法で稼ぎ続けるよりも、結果として難易度は低くなります。

さらに失敗を避けるためには、やみくもに手を出すのではなく、複数の手法を組み合わせる教材のノウハウを活用するのが、一番の近道です。

そんなイメージに近いのが、

アンリミテッドアフィリエイト

ブログ、LP、SNS、メールといった媒体を複合的に活用して展開します。
アフィリエイトの集大成的な教材です。

ツイブラ

ツイッターとメルマガの連携ノウハウです。
アンリミテッドアフィリエイトとの相性も良いです。

YouTubeを中心に考えるならこちらでしょうか。

YTM Final Edition

YouTubeにトレンドマーケティングの概念を取り入れています。
単に面白い動画を作りましょうというレベルではありません。

すでに色々なアフィリエイト系教材をお持ちかもしれません。
それらに組み合わせる余地がないかを考えてみるのもいいです。

教材に記載されている内容を100%実行するだけでは不十分です。
いいとこどりして組み合わせるといった柔軟性が必要です。

不明点があればご遠慮なくお問合せください。

まさはるねっと メールマガジン

ブログ・アフィリエイトで成果を出すための無料メールマガジンです。

登録特典として「ブログで30万円を稼いで感謝される方法」を無料提供しています!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事