03.ワードプレステーマを決める

レンタルサーバを決めてワードプレスをインストールしたら、すぐにでもブログを始めたいところですが、少し待ってください。

ワードプレステーマの設定を先にしましょう。

ワードプレステーマの意味

この場合の「テーマ」というのはデザインテンプレートのことです。

ワードプレスはエンジンですから、そのまま使うものではありません。
例えるなら外装・内装のない自動車や家のようなものです。

一口にブログといっても、さまざまな形式があります。

  • 日記タイプ
  • 情報サイトタイプ
  • コーポレートサイトタイプ
  • ECサイトタイプ
  • ブランドサイトタイプ

など。

どのようなブログにするのかを決めて、適したテーマを選ぶわけです。

ワードプレステーマは無料のものと有料のものがあります。

無料テーマで対応できるブログタイプ

ワードプレスをインストールすると、初めに設定されているテーマがあります。

2022年なら「Twenty Twenty-Two」というように、WordPress.orgが毎年リリースするテーマがあります。

Twenty Twenty-Two

この無料テーマは意外とよくできています。

  • 日記タイプ
  • ブランドサイトタイプ

のブログなら、このテーマで対応できます。

最新年だけではなく、少し前のテーマもチェックしてみてください。

しっくりくるテーマが見つかります。

有料テーマで対応するべきブログタイプ

  • 情報サイトタイプ
  • コーポレートサイトタイプ
  • ECサイトタイプ

といったブログタイプにする場合、無料テーマだと少し厳しくなってきます。
パーツの設定などで時間と手間がかかってしまうんですね。

テーマの導入で時間短縮して有益な記事を書くことに時間をかけるべきです。

おすすめの有料テーマを紹介します。

それぞれレビューページのリンクを記載していますので、チェックしてみてください。

DIVER(ダイバー)

DIVER(ダイバー)ブログアフィリエイトに必要な機能が全て揃ったワードプレステーマです。

アフィリエイトで使うさまざまなパーツが用意されています。

スタイリッシュなデザインが特徴です。このブログもDIVERで作っています。

賢威(けんい)

賢威

SEO(検索エンジン対策)に定評のあるワードプレステーマです。

一度購入すれば、バージョンアップしても常に追加料金ないしで使えます。

きっちり目の信頼感のあるデザインが特徴です。

The THOR(トール)

THE THOR

デザイン性の高いブログを作ることができるテーマです。

商品をキレイに見せるようなレイアウトに強みがあります。

EC系、物販アフィリエイトなどに最適です。

まとめ

ワードプレスのテーマについて解説してきました。

本格的にブログに取り組むなら、有料テーマの導入を前提にしたほうがいいでしょう。

よく耳にするのが、

「ブログで稼げるようになったら有料ブログを買おう」

という声ですが、これはそもそも間違いです。

有料テーマは一度購入すればバージョンアップしてもお金がかからないものが大半です。

つまり、早く購入した方が得だということです。

作業効率もクオリティも段違いですから、早々に導入しましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事